高枝切りバサミ

ー冒頭文ー 寒い夜だった。電気はとうに止められていた。 水道もいつ止められてもおかしくない。 私たち姉妹は身を寄せ合って眠っていた。 冷気を寄せ付けまいと毛布を体に巻きつけても、震えが止まらない。 もう幾日ものを食べていないかわからない。 『 高枝切りバサミ 』 作:武内紀子 朗読:北村青子 8分44秒 高枝切りバサミ

続きを読む